わきがの治療薬はどんなものがあるの?飲み薬は効果ある?

わきがに効く飲み薬

 

わきがを治療してくれる薬があったら・・・!

 

そんな風に思ったことはないでしょうか?私はあります・・・。。

 

治療してわきがを治してくれる薬があったら、本当に嬉しいですよね。

 

 

わきが治療に効く薬として、実際に内服薬と外用薬があります。

 

実はこのわきがの薬は、わきがを完治させることは出来ません。

 

わきがを完治させることが出来るわきが手術とは違って、薬の効果は一時的となってしまうんですよ。

 

ですが自分で出来るニオイケアとして有効なので、取り入れてみるのも一つの方法です。

 

わきがの外用薬(塗り薬)

わきが外用薬(塗り薬)

わきがの外用薬(塗り薬)として処方されるのは、「塩化アルミニウム液」です。

 

塩化アルミニウムは収れん作用があり、汗を止める制汗効果を感じることが出来るんですよ。

 

そのため塩化アルミニウムは、わきがだけでなく多汗症にも使われているんですよね。

 

 

使用方法は、就寝前に脇に塗布して、翌朝それを洗い流すというもの。

 

塩化アルミニウム液をティッシュなどに含ませて、脇にぬるだけでOKです。

 

軽度のわきがなら、塩化アルミニウムを塗ってなおかつデオドラント剤を一緒に使えば、ほとんどわきがの臭いが気にならなくなるでしょう。

 

塩化アルミニウムは「オドレミン」という名称で市販されていますが、病院で独自に調合されて処方されたものの方が効果的です。

 

ただ塩化アルミニウムは、場合によってはかゆみや炎症などが発生することもあるので、副作用が全くないとも言い切れません。

 

肌が悪化してしまった状態で使い続けると効果がなくなってしまったり、持続性もなくなってしまいます。

 

そんな時はしばらく使用を控えて、症状を抑えてからまた新たに使いましょう。

 

一度かゆみや肌荒れが起きてしまったら、次は塩化アルミニウムの濃度を薄くして使うと、肌トラブルを避けることが出来ますよ。

 

わきがの内服薬(飲み薬)

わきが内服薬(飲み薬)

わきがは、内服薬(飲み薬)を飲めば治るというものではありません。

 

ただ、わきがの症状を軽くするために飲み薬が処方される場合があります。

 

処方される内服薬は、「臭化プロバリテリン(プロバンサイン)」。

 

臭化プロバリテリンは、汗の伝達物質であるアセチルコリンの分泌を抑制する「抗コリン剤」の一種です。

 

汗を抑えればわきがの臭いが解消されるので、制汗効果を得るためにこの内服薬を処方されるんですよね。

 

ですが、わきがそのものを改善させる薬というわけではもちろんありません。飲んでもわきがが治ることはないんです。

 

また、この臭化プロバリテリンには副作用があります。

 

副作用には、以下のようなものがありますね。

 

  • 口が乾く
  • 目が乾く
  • 尿の出が悪くなる
  • 瞳孔が開いて目が見えにくくなる
  • 便秘
  • 胃腸障害

 

このようなことが起こってしまうので、臭化プロバリテリンはあまり継続的に飲むことは推奨されないんですよね。

 

また全身の汗も止めてしまうため、飲んでいると体温調節すらも出来なくなってしまいます。

 

こうなると熱中症にもかかりやすくなってしまうので、危険ですよね。

 

内服薬(飲み薬)は、あまりわきが治療には向いていないと思います。

 

保険適用が効いて安価に入手しやすいですが、継続的には飲まない方がいいでしょう。

 

わきがには内服薬(飲み薬)は効果なし?

副作用があるわきが飲み薬臭化プロバリテリン

 

わきがには、内服薬・外用薬の2つが処方されるということがわかりましたね。

 

両方ともわきがを完治させることはありませんが、効果を感じることは出来ます。

 

しかし、いくら効果があろうとも、

 

  • 塩化アルミニウム液は肌荒れしやすい
  • 臭化プロバリテリンは強い副作用がある

 

ということで、気を付けなければならないことがたくさんあります。

 

塩化アルミニウムはまだ良いのですが、臭化プロバリテリンはちょっとオススメ出来ないですね。

 

とにかく副作用が強く、効果があっても副作用のリスクの方が高いからです。

 

医師に処方されて使うならまだしも、個人で購入して服用するのは危険すぎます。

 

汗を止めたいならもっと他に方法があるので、そちらを選択した方がいいでしょうね。

 

わきがボトックス注射

 

汗を止める方法の一つは、ボトックス注射。

 

効果がずっと継続するわけではありませんが、一度注射すれば半年は制汗効果を感じられます。

 

費用が1回に5〜10万円かかってしまいますが、即効性もあるし、制汗効果がほしいならこちらの方がいいですね。

 

参考記事⇒ボトックス注射によるわきが治療の口コミ効果や副作用を徹底解説!

 

わきが治療薬代わりにネット通販で買えるわきがクリーム!

わきがクリーム

 

また、もっと手軽で安価に済ませたいなら、わきがクリームを使うという方法もあります。

 

わきがクリームは殺菌効果と共に制汗効果もあり、汗を抑える効果にも優れているんですよ。

 

塩化アルミニウム液を使うよりははるかに肌に優しく、敏感肌の人でも安心して使えます。

 

皮膚科に行かなくてもネット通販で購入できるし、簡単に入手できるのでオススメですね。

 

わきがクリームは医薬部外品なので「治療薬」とは言えませんが、わきがの臭いケアの効果はバッチリですよ。

 

わきが手術をしなくても安心して臭いを抑えられるのは、わきがクリームくらいなんじゃないかなって思います。

 

内服薬や外用薬を病院でもらうのも良いですが、それよりも簡単に安全にわきがの臭いを抑えられるのがわきがクリーム。

 

個人的には病院に行くのは面倒だし恥ずかしいので、こっそりネットで買えるわきがクリームの方が便利だし、はるかに効果を実感できたので気に入ってますよ。

 

 

人気のわきがクリームベスト3はこちら⇒わきがクリーム口コミランキング!

口コミでも人気のわきがクリームをチェック!

関連ページ

食べ物でわきが対策
わきが対策は、食べ物で出来るのでしょうか?わきがに効く食べ物を調べてみました!
ミョウバンでわきが対策
ミョウバンを使ったわきが対策についてご紹介します!
重曹でわきが対策
重曹を使ったわきが対策についてご紹介します!
お酢でわきが対策
お酢を使ったわきが対策についてご紹介します!
入浴でわきが対策
わきが対策に効果的な入浴方法についてご紹介します!
オロナインでわきが対策
わきが対策にオロナインは効果があるのか?それとも悪化するの?という疑問にお答えします!
サプリメントでわきが対策
わきが対策にサプリメントは効果があるのでしょうか?ネットでそんな情報がたくさんあったので、真相を調べてみました!
脇毛の脱毛でわきが対策
わきが対策のための脇毛の脱毛について解説します。
東洋医学でわきが対策
東洋医学や漢方でのわきが対策についてご紹介します。
脇汗を拭いてわきが対策
脇汗を拭くわきが対策をご紹介します。