わきがクリーム「ラポマイン」は副作用がある?全成分を徹底検証!

わきがクリームラポマイン

 

口コミでも人気で知名度も高いわきがクリームのラポマイン。

 

消臭効果を感じやすいので、私も気に入って使っています。

 

でもいくらニオイを抑えてくれたとしても、肌が荒れたり副作用のような症状が出たら、使い続けられないから困りますよね。

 

今回は、ラポマインに副作用のような症状があるかどうか、成分を徹底的に調べてみました!

 

ラポマインの成分

わきがクリームラポマイン

 

まずは、ラポマインの成分からチェックしていきましょう。

 

ラポマインの全成分一覧をご紹介しますね。

 

【有効成分】

  • イソプロピルメチルフェノール:殺菌効果がある成分。
  • パラフェノールスルホン酸亜鉛:制汗効果がある成分。

 

【その他成分】

  • セタノール:乳化剤として使われる。
  • ステアリン酸:保湿効果・抗菌効果がある。
  • スクワラン:優れた保湿効果がある。
  • ポリオキシエチレンラウリルエーテル:乳化剤として使われる。
  • 自己乳化型モノステアリン酸グリセリル:乳化剤として使われる。
  • パルミチン酸イソプロピル:エモリエント剤として使われる。
  • ポリオキシエチレンセチルエーテル:乳化剤として使われる。
  • フェノキシエタノール:低刺激の防腐剤・殺菌剤として使われる。
  • メチルポリシロキサン:合成ポリマーとして使われる。
  • 精製水:純粋な水。
  • 濃グリセリン:保湿効果・吸湿効果がある。
  • ソルビット液:保湿効果がある、皮膚柔軟化してくれる。
  • エデト酸二ナトリウム:キレート剤の一種で、殺菌剤・防腐剤として使われる。
  • パラオキシ安息香酸メチル:防腐剤・保存剤として使われる。
  • アロエエキス:消炎効果・収れん効果・保湿効果がある。
  • 1.3−ブチレングリコール:さっぱりした感触の保湿剤で防腐効果もある。
  • N−アセチルチロシン:皮膚コンディショニング剤として使われる。
  • ボタンエキス:抗炎症効果・血行促進効果がある。
  • カッコンエキス:保湿効果・血行促進効果・抗炎症効果などがある。
  • サクラ葉抽出液:保湿効果・美白効果・抗炎症効果・肌荒れ防止効果などがある。
  • ダイズエキス:ニキビ予防効果・保湿効果・抗炎症効果・美白効果がなどがある。
  • モモ葉エキス:保湿効果・抗炎症効果・抗菌効果・収れん効果などがある。
  • ユリエキス:保湿効果・皮膚柔軟化作用などがある。
  • アーティチョークエキス:美肌効果に優れている。
  • 天然ビタミンE:抗酸化作用がある、肌荒れの予防や改善効果がある。
  • トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル:エモリエント剤として使われる。
  • チャエキス:収れん効果・美白効果・酸化防止効果などがある。
  • カキタンニン:殺菌作用・抗菌作用・消臭効果がある。
  • 乳酸ナトリウム液:保湿効果・収れん効果がある。
  • オトギリソウエキス:収れん効果・保湿効果・抗炎症効果・抗菌効果がある。
  • カモミラエキス:保湿効果・抗炎症効果・抗菌効果・美白効果などがある。
  • シナノキエキス:保湿効果・収れん効果・血行促進効果・抗菌効果・抗炎症効果などがある。
  • トウキンセンカエキス:消炎効果がある。
  • ヤグルマギクエキス:抗菌効果・消炎効果・収れん効果などがある。
  • ローマカミツレエキス:消炎効果・抗菌効果・皮膚代謝促進効果がある。
  • オウバクエキス:抗菌効果・消炎効果・保湿効果がある。
  • コメヌカスフィンゴ糖脂質:優れた保湿効果・水分保持効果がある。
  • 水素添加卵黄レシチン:乳化剤として使われる。
  • 卵黄リゾホスファチジルコリン:乳化剤として使われる。
  • テトラ2−ヘキシルデカン酸アスコルビル:ビタミンC誘導体の一種で美肌効果や老化防止効果がある。
  • メチルシロキサン網状重合体:合成ポリマーとして使われる。
  • シソエキス:保湿効果・美白効果・抗アレルギー作用などがある。
  • ドクダミエキス:強い殺菌効果・抗菌効果がある。
  • ヨモギエキス:殺菌効果・防腐効果・血行促進効果がある。

 

ラポマインの全成分は、以上です。

 

ラポマインは、イソプロピルメチルフェノールとパラフェノールスルホン酸亜鉛で殺菌と制汗をしています。

 

これらは多くのデオドラント製品で使用している成分なので、安心して使えるんですよ。

 

またラポマインには保湿効果のある植物成分をたくさん配合しているので、肌にはとても優しいんです。

 

毒性の低い成分ばかりで構成しているので、ラポマインの安全性はとても高いものでした。

 

わきがクリームラポマイン

 

また、ラポマインは無添加・低刺激であり、

 

  • 合成香料
  • 着色料
  • シリコン
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤

 

は使用していません。

 

そして金属アレルギー対策には、

 

  • 銀(Ag)
  • 水銀(Hg)
  • ニッケル(Ni)

 

を使わないという徹底ぶりなんですよ。

 

こんなに成分に気を使っているラポマインなら、普通肌の人はもちろん、敏感肌の人でも安全・安心で使えます!

 

ラポマインに副作用はあるの?

わきがクリームラポマイン

 

結論から言いますが、ラポマインに副作用のようなものはありません。

 

私も実際に1カ月ほどラポマインを使用してみましたが、副作用のような症状は全く出ませんでした。

 

むしろ肌に優しいというか、低刺激でとても使いやすかったですね。

 

私は敏感肌で市販のデオドラント製品だと肌荒れが起こりやすく、効果を感じても使い続けられなかったりしました。

 

でもラポマインはそんなことなかったので、長い間使い続けることができたんですよ。

 

肌が荒れると、いくら良くてもデオドラント製品を使い続けることはできないですよね。

 

ラポマインは低刺激で肌が荒れることはなかったので、日常使いできて私にはとても良かったです。

 

肌に優しくて副作用のないデオドラント、それがラポマインです!

 

ラポマインの成分と副作用のまとめ

わきがクリームラポマイン

 

ラポマインは成分的にも安全で、副作用もなく安心して使えるデオドラントクリームです。

 

アレルギーが出やすい金属まで徹底的に排除しているので、安全性はとても高い商品なんですよね。

 

低刺激で肌に優しく、敏感肌の人でも使えるのが、このラポマイン。

 

他のデオドラント製品を使って「肌が荒れた!」「かゆみや痛みが出た!」という人にこそ、ぜひラポマインを試してみてほしいなって思います。

 

>>ラポマインを実際に試した口コミレビューを見てみる

 

>>わきがクリーム体験レポ@口コミランキング完全版をチェックしてみる

口コミでも人気のわきがクリームをチェック!

関連ページ

ラポマインの口コミレビュー
ラポマインを実際に試した口コミレビューをご紹介します。
ラポマインの正しい使い方・効果的な使い方
ラポマイン(lapomine)の正しい使い方・効果的な使い方や使用方法についてご紹介します。