子供でもすそわきがになるの?その対策は?

すそわきがの子供

 

大人でも大きな悩みとなる、すそわきが。

 

もし子供でも発症するとなれば、子供本人はもちろん親も気が気ではないことでしょう。

 

特に活発に動き回る子供は、すそわきがとなればニオイが拡散されやすいことが考えられます。

 

また間違った対処法をしてしまうと、幼心に傷をつけてしまう可能性もあるんですよ。

 

今回は、子供でもすそわきがになった場合の対策法をご紹介していきます。

 

子供でもすそわきがになる可能性はある!

すそわきがの9割は、親からの遺伝によって発症します。

 

悪いことにすそわきがは優性遺伝のため、子供に遺伝しやすい体質なんですよ。

 

片親がすそわきがだった場合で50%、両親がすそわきであれば80%の確率で子供に遺伝してしまうんです。

 

このすそわきが、基本的にはアポクリン汗腺が発達してくる思春期からニオイ始めます。

 

一般的に小さな子供はアポクリン汗腺が活発ではないため、ニオイが気にならないケースが多いんですよね。

 

しかし食が欧米化してきている現在では、思春期前の小さな子供でもすそわきがを発症することがあるのです。

 

つまり、子供だからといってすそわきがが発症しないとは言い切れないものなのです。

 

子供でもすそわきがの手術や治療法を受けさせるべき?

すそわきがを根本的に治すためには、手術を受ける他ありません。

 

大人になってから悩む位ならば、子供のうちに手術を受けさせてあげたいと願う親もいる事でしょう。

 

しかし子供の場合、アポクリン汗腺が全て活動している訳ではありません。

 

そのため子供のうちに手術を受けたとしても、アポクリン汗腺が残ってしまうケースが非常に多く、成長とともにすそわきがが再発する可能性が高くなっているんです。

 

これは手術だけでなく、体を切らない治療法にしても同じことが言えます。

 

例えメスを使わない治療法であったとしても、アポクリン汗腺を取りきることができないので、再発するリスクが非常に高いのです。

 

手術や治療法に年齢制限はないので、子供でも受けることは可能なんですけどね。

 

しかし再発する可能性が高い上に、麻酔を使用するケースが多いこともあり、体への負担が大きいこともリスクの一つです。

 

すそわきがに気付いたらなるべく早く手を打ちたいという気持ちは分かりますが、子供の場合には大人以上にリスクが大きいのです。

 

そのため、子供への手術や治療法はおすすめできるものではありません。

 

子供のすそわきがにおすすめの対策!

子供は大変正直なので、時に相手を深く傷つけてしまうことがあります。

 

そのためすそわきがはいじめや差別の対象になりやすい上に、大人以上にいじめや差別を受けることが多いんですよ。

 

こうしたいじめや差別の経験は、子供の心を深く傷つけて心の病気となるケースもあるんです。

 

そのため、手術や治療法はできないとしても何かしらの対策をするべきなんですよね。

 

そこで、すぐにできるすそわきが対策を6つご紹介します。

 

栄養バランスの良い食生活

体を内側から健康にすることで、すそわきがはニオイを軽減させることができます。

 

体内の臓器が健康ならば、ニオイの元となる老廃物も効率的に排出できるんですよ。

 

また、脂っこいものや肉などを食べるよりも、野菜を多めに摂取することが有効ですね。

 

野菜を多めにすると、体内をアルカリ性に近付けることができます。

 

脂っこいものや肉などが多いと体内は酸性になり、すそわきがはニオイやすくなるんですよ。

 

こうした食材のチョイスを踏まえて、栄養バランスの良い食事を心掛けていきましょう。

 

生活リズムを整える

栄養バランスの良い食事と並んで必要不可欠なのは、生活リズムです。

 

生活リズムが乱れていると、特に子供の体には大きな負担となります。

 

そうすると自律神経系が崩れてしまい、ニオイが悪化する可能性も高くなるんですよ。

 

特に、十分な睡眠をとることは大切です。

 

早寝早起きを心掛けて、質の良い十分な睡眠をとらせてあげましょう。

 

すると、自律神経系が整うのでニオイが気になりにくくなるのです。

 

ストレスは早めに察知して発散させてあげる

ストレスを感じると、体内ではホルモンバランスが乱れてしまいます。

 

ホルモンバランスの乱れは自律神経系の崩れにつながり、すそわきがを悪化させてしまうんですよ。

 

そうならないためには、こまめにストレスを解消していくことがとても重要です。

 

しかし子供はストレスを抱えていても、理解できていないこともあるんですよ。

 

そのため、親が早めにストレスを察知してあげることが大切なんです。

 

そしてこまめに気分転換させてあげたり、遊びにつれていってストレスを解消させてあげましょう。

 

デリケートゾーン専用の石鹸を使う

すそわきがのニオイは、普通の石鹸ではなかなか落ちません。

 

そこで、デリケートゾーン専用の石鹸を用意してあげましょう。

 

専用の石鹸なのでニオイは落ちやすく、肌にも優しい石鹸がほとんどです。

 

すそわきがの対策は、患部を清潔にすることもとても重要です。

 

すそわきがは陰毛部からニオイが発せられるので、ここはデリケートゾーン専用の石鹸で丁寧に洗ってあげましょう。

 

洗う時はしっかりと泡立てて、優しく撫でるように洗うと効果的ですよ。

 

お風呂にしっかりと浸かる

お風呂に入る時は、シャワーだけでなく湯船にも浸かると効果的です。

 

湯船に浸かることで毛穴が開きやすくなり、毛穴の奥から汚れを落としやすくなるんですよ。

 

体を洗う前に湯船に入り、毛穴汚れを落としやすくしてから体を洗っていくと、さらに有効です。

 

また入浴にはリラックス効果もあるので、ぜひゆっくりと湯船に浸からせてあげましょう。

 

すそわきがにも効果のあるわきがクリームを使う

ここまでご紹介してきたすそわきが対策は、ニオイを軽減させる方法です。

 

そのどれにも、ニオイそのものを消す効果はありません。

 

上記の対策を試した上で、わきがクリームを使ってニオイを抑制していくのがおすすめです。

 

わきがクリームは即効性があるので、塗ったらその場でニオイが気にならなくなるんですよ。

 

ただし効果があるのは数時間なので、こまめに塗り直していく必要があります。

 

また塗る前には、必ず患部を清潔にしておかなければなりません。

 

でもこうした手間をかけて、こまめにケアをすれば、すそわきがのニオイは気にならないレベルまで抑えることが可能なんですよ。

 

子供のすそわきが対策は慎重に!

すそわきがは体質によるものなので、根本的に治すことはとても難しいです。

 

まして子供となれば、簡単に手術や治療を受けさせるワケにもいきませんよね。

 

そこで、すぐに実践できるすそわきが対策がとても重要なんです。

 

子供の心を傷つけないように、上手に対策をしてあげることも大切ですね。

 

そして子供自身でも対処できるように、ケアを教えてあげることも忘れてはいけません。

 

わきがクリームは、子供でも簡単に使えるすそわきが対策です。

 

こうしたアイテムを使いながら、親は食事や生活の中で出来る対策をどんどんと講じてあげましょう。

 

すそわきがの悩みは、一人で抱え込みやすいものです。

 

そのため親が早くに気付いて、子供の負担を軽くできるようにしたいですよね。

 

悩みそのものをなくすことは難しいかもしれませんが、悩みに対処する方法を取っていくだけでも、子供にとってはとても大切なことなんですよ。

 

 

>>すそわきがにも効果のあるわきがクリームクリアネオの口コミを見てみる

 

>>わきがクリーム体験レポ@口コミランキング完全版をチェックしてみる

 

口コミでも人気のわきがクリームをチェック!