洗濯しても取れない服についた汗の臭いを落とす方法

汗の臭いがついた服の洗濯に悩む男性

 

洗濯したての服なのに汗の臭いが取れていないという経験、一度はあるのではないでしょうか。

 

大事なときに着ようと思っていた服が洗濯しているのに汗臭いままだったら、本当にショックですよね。

 

そんなしつこい汗の臭いを撃退する、効果的な洗濯方法を見つけたのでご紹介します。

 

なぜ洗濯をしているのに汗の臭いが服から取れないの?

汗の臭いがついた服の洗濯物

 

よく「服が汗臭い」と言いますが、実は汗には臭いがありません。

 

ではなぜツンとした嫌な臭いがするのかというと、それには人間の肌に住んでいる菌、つまり常在菌が関係しているんですよ。

 

服を着た状態で汗をかくと、汗が服に染み込み、繊維の間に皮脂やたんぱく質の汚れが溜まっていきます。

 

この汚れを常在菌が繊維の奥で分解し、排泄物を出すため、洗濯しても取れない汗の臭いになってしまうんですよ。

 

常在菌は湿度・温度・栄養素の3要素が高い場所で繁殖するため、気温や湿度が高くなる季節や湿気の抜け切らない部屋干し時には、より一層繁殖して服の汗臭さを強めるようになってしまいます。

 

洗濯しても取れない服についた汗の臭いをしっかり落とす洗濯方法

汗の臭いが取れない服の洗濯

 

繊維の奥で常在菌が汗の臭いを作り出していると聞くと、撃退方法も複雑なんじゃないかと心配になる人もいるかと思いますが、ご安心ください。

 

今までの洗濯方法を少し工夫するだけで、洗濯しても取れない服についた汗の臭いをしっかり落とすことができるんですよ!

 

汗の臭いを落とす効果がある洗剤を使う

今まで使っていた洗剤では服についた汗の臭いが落ちきらないという場合は、菌に強く抗菌・防臭・洗浄力の高い粉末洗剤を使ってみましょう。

 

服についた皮脂やたんぱく質の汚れは酸性で、液体洗剤は弱酸性や中性ですが、粉末洗剤は弱アルカリ性です。

 

酸性のものは弱アルカリ性のもので洗浄することが効果的なため、粉末洗剤を使った方がしっかりと汗の臭いを落とすことができるんですよ。

 

ただし粉末洗剤は液体洗剤よりも洗浄力が高く、汗の臭いを落とす効果が強い分、服の色落ちにつながる可能性も考えられるため、入れる量はしっかり調整してくださいね。

 

重曹を使って洗濯する

重曹は弱アルカリ性であり、粒子が細かく水に溶けにくいため、繊維の奥まで入り込んで汗の臭いを中和してくれます。

 

また、油脂を乳化したりたんぱく質をある程度分解したりすることができるため、汗の臭いの原因となる汚れを洗浄することもできるんですよ。

 

重曹を使った洗濯方法はいくつかあるので、ご紹介しますね。

 

重曹を洗剤として使用する

30℃〜40℃のぬるま湯を洗濯槽に入れ、重曹大さじ2杯を入れ、いつものように洗濯とすすぎ・脱水をしてください。

 

重曹は泡立たないため、すすぎは1回で十分ですよ。

 

重曹スプレーをする

水100mlに対し重曹小さじ1杯入れ、よく振ります。これで重曹スプレーの完成です。

 

この重曹スプレーを汗の臭いが気になるところに吹きかけ、15分〜30分程度置いてから洗濯してみましょう。

 

また、重曹スプレーだけでは汗の臭いが落ちきらなかった場合は、水100mlに対しミョウバン10gを入れてよく振って、ミョウバン水スプレーを作って吹きかけてみてくださいね。

 

ミョウバン水は酸性のため、重曹スプレーでアルカリ性に傾いた服を中性に戻して、菌の繁殖を抑えることができるんです。

 

酸素系漂白剤につけ込んでから洗濯する

重曹での洗濯で物足りないと感じた人は、酸素系漂白剤を使って洗濯をしてみてください。

 

酸素系漂白剤もアルカリ性のため、酸性である汚れを乳化し、分解することができるんですよ。

 

また同じ漂白剤でも、塩素系漂白剤は漂白力が強く白い服にしか使うことができませんが、酸素系漂白剤なら様々な色の服に使うことができます。

 

洗濯方法は、

 

  1. 洗濯槽に40℃程度のお湯を入れます。
  2. お湯30リットルに対し、酸素系漂白剤を大さじ2(約30g)入れます。
  3. 1〜2分、よく攪拌させます。
  4. 洗濯物を入れ、15分〜20分くらい洗濯してください。

 

酸素系漂白剤も、洗剤同様に粉末タイプの方が高い除菌力のため、効果的ですよ。

 

クエン酸で洗濯をする

汗の臭いの原因になる汚れは酸性ということを先にお伝えしましたが、疲れが溜まった状態で汗をかくと、アルカリ性であるアンモニア臭が強くなります。

 

これまで紹介した方法で洗っても汗の臭いが落ちない場合は、アルカリ性に傾いた汗が付着している可能性が考えられるため、酸性のクエン酸で洗濯をしてみるのも一つの方法です。

 

クエン酸で洗濯をする場合、お湯10リットルに対してクエン酸1gを入れて、いつも通り洗濯してみてください。

 

服についた汗の酸っぱい臭いは、クエン酸で撃退しましょう。

 

すすぎ時にお酢を入れる

酢に含まれる酢酸には、除菌と殺菌効果があります。

 

そのため、家にクエン酸がない人や、手軽に汗の臭いをしっかり落としたい人には非常におすすめですよ。

 

酢を使う場合は、すすぎの時に大さじ2〜3杯の酢を入れてみてください。

 

すすぎを何度か行う場合は、1回目のすすぎ時に入れることがポイントです。

 

使う酢は食用酢で良いのですが、すし酢のような塩分や砂糖を含んだものではなくて、穀物酢を使いましょう。

 

洗濯で服の汗の臭いを効果的に落とす5つのコツ

汗の臭いがついた服を洗濯

 

汗の臭いをしっかり落としたい場合は、洗濯を行う環境も整えなくてはなりません。

 

洗濯時にちょっと気をつけるだけで、普通に洗っても取れない服についた汗の臭いを落とすことができるんですよ。

 

洗濯機の清掃を定期的に行う

いくら効果的な洗濯方法を実践しても、洗濯機が汚れていたら元も子もないですよね。

 

酸素系漂白剤や重曹を使うと、洗濯機は綺麗になります。

 

掃除の手順は酸素系漂白剤でも重曹でも同じで、

 

  1. 洗濯槽に約40℃〜45℃のお湯を最大水位まで入れる
  2. 酸素系漂白剤ならお湯10リットルに対し約100g、重曹なら溜まったお湯に対し200mlを入れる
  3. 洗濯機を回し、5〜6時間放置する
  4. 浮いてきた汚れを網ですくう
  5. 再度洗濯機を回し、すすぎと脱水を2〜3回行う

 

という流れです。

 

洗濯槽はこまめに掃除するように心がけましょう。

 

着た服はその日のうちに洗濯する

これは普段から徹底できることですが、着た服は溜めてから洗濯するのではなく、その日のうちに洗濯するようにしましょう。

 

洗濯物は放置すればするほど雑菌が繁殖してしまい、汗の臭いが定着してしまいます。

 

また、汚れが落ちにくくなったり黄ばみが出てしまったり、先ほど紹介した洗濯方法を試しても効果が出ない服の状態になってしまいます。

 

洗濯物を溜めてから洗濯していた人は、1日1回でも洗濯をするように心がけてみてくださいね。

 

つけ置きが効果的

さらに徹底的に汗の臭いを落としたい場合は、つけ置きをしてから洗濯すると効果的に汗の臭いを落とせます。

 

このつけ置きは、重曹でも酸素系漂白剤でもクエン酸でも酢でも行うことができるんですよ。

 

つけ置きをする場合、分量は、

 

  • 重曹の場合、お湯1リットルに対し大さじ5杯
  • 酸素系漂白剤の場合、お湯1リットルに対し10ml
  • クエン酸の場合、お湯1リットルに対し1g
  • 酢の場合、お湯1リットルに対し50ml

 

ですね。

 

お湯の温度は40℃〜50℃で熱めにし、酸素系漂白剤なら30分程度、ほかのものは1時間程度つけ置きしてから洗濯をしてみてくださいね。

 

洗濯した服はすぐに干す

洗濯して綺麗になった服はすぐに干さないと、洗濯槽の中で雑菌が繁殖して生臭さがついてしまいます。

 

洗濯が終わったら、すぐに干すようにしましょう。

 

天日干しが一番良いですが、部屋干しする場合は除湿機をつけ、なるべく湿気がたまらない環境を作って干してください。

 

また、洗い終わったらしっかり脱水し、乾燥機に入れることも効果的です。

 

干すところまでが洗濯であることを、忘れないようにしてみてくださいね。

 

洗濯時のお湯の温度にも気をつけよう

洗濯をする時は、水ではなくお湯を使うようにしましょう。

 

汗の臭いの原因となる汚れは主に皮脂汚れであるため、冷水では落ちにくくなっています。

 

重曹や酸素系漂白剤を使っての洗濯などで効果的な温度が明示されている場合は別ですが、試す洗濯方法に温度の指定がない場合は、40℃〜50℃くらいの熱めのお湯を使って洗濯してみましょう。

 

この熱めのお湯に、30分程度つけ置きしてから洗濯するだけでも、汗の臭いがだいぶ落ちますよ。

 

汗臭くならない服の素材はあるの?

汗の臭いがつきにくい服の素材

 

汗臭くならない素材の服や、汗の臭いが落ちやすい素材の服を選ぶことも大事です。

 

そうすれば洗濯する手間も省けますよね。

 

汗臭くならない服の素材ですが、”天然素材の服”は通気性が良いため、汗臭くなりにくいんです。

 

  • 綿
  • シルク
  • コットン

 

これらの素材は汗臭くなりにくいだけでなく、吸湿力や臭いの吸収力に優れ、着心地もよく快適に過ごせるんですよ。

 

逆に、化学繊維の服は汗臭くなってしまいます。

 

  • ポリエステル
  • ナイロン
  • レーヨン
  • ポリウレタン
  • ヒートテック

 

これらは通気性が悪くて蒸れやすく、臭いが繊維に残りやすいという特徴があります。

 

また、化学繊維の服は静電気を発生しやすいため、空気中のゴミや雑菌を引き寄せてしまう可能性もあるんですよ。

 

それぞれの繊維の特徴を頭に入れた上で、服選びの参考にしてみてくださいね。

 

洗濯を見直して服についた汗の臭いをしっかり落とそう

汗の臭いがついた服の洗濯

 

汗臭い服でも、洗濯次第でニオイを落とすことができるなら嬉しいですよね。

 

普通の洗い方では落ちない服の臭いに悩んでいたなら、ぜひ今回紹介した洗濯方法を試してみてください。

 

でも汗の臭いが服についてしまう前に、汗の臭いを抑えておくのも大事。

 

殺菌して汗を抑えてくれるデオドラント製品を使って、汗や臭いを事前に抑えておくと、洗濯の手間も省けます。

 

>>洗濯前に汗の臭いを抑えるデオドラントクリームの口コミを見てみる

 

でもどうしても汗の臭いが服についてしまったら、しっかりと洗濯して、ニオイを服に残さないようにしましょう!

 

>>口コミでも評判のわきがクリームベスト3をチェックしてみる

口コミでも人気のわきがクリームをチェック!

関連ページ

汗の臭いを落とすお風呂の入り方
汗の臭いを落とすお風呂の入り方について調べてみました!
重曹での洗濯が汗の臭いに効く理由
重曹での洗濯が汗の臭いに効く理由についてご紹介します。