食生活に気をつけよう!汗の臭いを抑える食べ物や飲み物で体質改善

汗の臭いを抑える食べ物

 

暑いときや運動後には、たくさん汗をかきますよね。

 

しかし、「思いっきり汗をかいてすっきりしたのにいつまでも汗臭い…」なんていうことになったらショックを受けてしまいます。

 

実は、この汗の臭いは食べ物や飲み物で抑えることができるんですよ!

 

どんな食べ物や飲み物が汗の臭いを抑えてくれるのか、ご紹介しますね。

 

汗の臭いを抑える食べ物3選

汗の臭いを抑える食べ物はずばり、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEを多く含む食材です!

 

汗は皮膚上に分泌された後、細菌によって分解され、その中で脂肪酸が発生します。

 

この脂肪酸が酸化するときに発するニオイが、汗の臭いなんですよ。

 

抗酸化作用のある食べ物は、脂肪酸が酸化する時に発するニオイを抑えてくれるんです。

 

抗酸化作用があり、汗の臭いを抑えるためにおすすめの食材は、以下の3つですね。

 

キャベツ

便秘になると腸に老廃物が溜まり、この老廃物の臭いが汗に含まれて出てくるため、汗の臭いが強くなってしまいます。

 

便秘にならない体内環境を作ることが、汗の臭いを抑えるためには大切なんですよ。

 

キャベツにはビタミンCやビタミンK、食物繊維が多く含まれています。

 

消化がよく、腸の蠕動運動を促進するため便秘解消につながり、汗の臭いを抑えることに効果的なんですよ。

 

ただ、キャベツを食べるときには注意点があります。

 

キャベツに含まれるビタミンは、熱に弱く、水に溶けやすいんですよ。

 

調理の際、水にさらす場合は2〜3分程度で、加熱をする場合はサッとすることがおすすめです。

 

めかぶ・もずく

めかぶやもずくも便秘解消効果があるため、汗の臭いを抑えてくれます。

 

めかぶやもずくには、フコダインという成分が含まれているんですよ。

 

このフコダインは、ニオイを抑える様々な役割をしてくれるんです。

 

どんな役割をしてくれるのかというと、

 

  • 抗酸化作用
  • 整腸作用
  • 肝機能を改善し、臭いを肝臓で分解してくれる作用
  • 臭いが発生しにくいアルカリ性の体に整えてくれる作用

 

こんなに様々な役割を果たしてくれるんです!

 

めかぶやもずくはそのまま食べても美味しいですが、納豆と合わせて食べることで整腸作用が増します。

 

腸の粘膜をサポートする効果もあるため、普段からお腹の調子が良くない人にもおすすめですね。

 

梅干し

梅干しは、クエン酸を含んだアルカリ性の食品です。

 

人の体は、お肉や砂糖・脂質を摂り過ぎると体内が酸性に傾いてしまいます。

 

酸性に傾いた体内は汗の臭いを強め、病気になってしまう可能性もあるんですよ。

 

また、体内に疲労物質である乳酸が溜まると、汗がアンモニア臭くなってしまいます。

 

梅干しは、

 

  • 酸性に傾いた体をアルカリ性に戻す
  • 乳酸を分解して体内に排出する

 

という効果で、汗の臭いを抑えることができるんですよ。

 

しかし、梅干しを食べるときには塩分に注意する必要があります。

 

食べ過ぎると血圧が上がってしまうので、1日1個か2個食べる程度にしてくださいね。

 

汗の臭いを抑える飲み物3選

汗の臭いを抑えるには、抗酸化作用のある飲み物、抗菌作用のある飲み物が効果的です。

 

汗の臭い対策に特におすすめの飲み物は、以下の3つですね。

 

緑茶

緑茶にはカテキンという成分が含まれ、このカテキンが汗の臭いを抑えることに効果的なんです。

 

カテキンの主な役割は、

 

  • 酸性に傾いた体内環境の中和作用
  • 皮膚の酸化を防ぐ作用
  • 整腸作用
  • 殺菌作用

 

などなど、汗の臭いを徹底的に防ぐ役割が満載なんですよ。

 

ちなみに、緑茶でうがいをすると口の中が殺菌されるため、口臭にも効果があります。

 

緑茶はカフェインやシュウ酸も含まれているため、飲みすぎると胃痛や腹痛の原因になる可能性があるので注意が必要ですね。

 

1日1リットル程度であれば体調に異変をきたすことはないので、体調に合わせて飲む量を調節してみてください。

 

ココア

ココアに含まれるポリフェノールやリグニンという成分が、汗の臭いを抑えることに効果的です。

 

リグニンはどのように臭いに対して効果があるのかというと、

 

  • 腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整える
  • 腸の蠕動運動を促進する
  • リグニン自体が臭いを包み込んで体外に排出する
  • 腸の粘膜をサポートし、臭いを肝臓に運ぶ

 

このような効果があるんですよ。

 

ポリフェノールはどのような効果があるのかというと、腸内を消臭する効果があります。

 

腸内環境が整えられ、腸の中から臭いの原因が取り除かれれば、汗に臭いが排出されなくなりますよね。

 

ココアを飲むことで、汗の臭いを根本から抑えられるんですよ。

 

1日2杯ココアを飲むだけで、汗の臭いを抑える効果を得られるなんて、うれしいですよね。

 

砂糖やミルクは汗の臭いを強める原因になるので、ストレートにココアだけを飲むようにしてみてください。

 

りんご酢

お酢にはクエン酸が含まれているため、汗の臭いを抑えることに効果があります。

 

りんご酢はクエン酸に加え、りんごの成分も多く含まれているため、さらに臭いを抑える効果があるんですよ。

 

りんご酢の汗の臭いに対する効果は、

 

  • 整腸作用
  • 老廃物を体内から排出する作用
  • 血行促進作用
  • 胃酸分泌を促進する作用

 

このような、体内の循環を良くする効果があるんです。

 

また、りんご成分であるりんごポリフェノールには抗酸化作用があり、体内が酸化することで汗の臭いが強くなることを防いでくれます。

 

りんご酢を毎日大さじ一杯飲むようにするだけで、汗の臭いに効果があるのでおすすめですね。

 

しかし強い酸性の飲み物なので、原液で飲むと歯や胃を傷めてしまいます。

 

必ず水やお湯など、他の飲み物と割って飲むよう気をつけてくださいね。

 

食べ物や飲み物を見直して汗の臭いを抑えよう!

体内の循環を良くし、便秘解消効果のある食べ物や飲み物が、汗の臭いを抑えることに効果的なんですよね!

 

私は梅干しが大好きなので、塩分取りすぎにならない程度に今後も食べていこうと思います。

 

ところで、逆にどんな食べ物や飲み物が汗の臭いを強めるのか気になりませんか?

 

調べてみたところ、以下の特徴があることがわかりました!

 

  • ニンニクやたまねぎなどが含まれるニオイがきつい食べ物
  • 香辛料が多く含まれる食べ物
  • 肉類
  • 乳製品
  • アルコール
  • カフェインが多い飲み物
  • 砂糖

 

美味しいと感じる食べ物や飲み物は、総体的に汗の臭いを強める原因になってしまうんですね・・・。

 

しかし、ニオイの原因になるからといって絶対に食べてはいけないわけではありませんよ!

 

汗の臭いを抑える食べ物や飲み物を重点的に摂るようにして、様子を見て自分の好きなものも食べるようにしてみてくださいね。

 

汗の臭いを抑えたいために、効果的な食べ物や飲み物だけを摂っていては栄養のバランスが偏ってしまいます。

 

バランスよく食べたり飲んだりして、効果的に汗の臭いを抑えられるよう、食生活を見直してみてくださいね!

 

>>食事では抑えきれない汗の臭いを抑えてくれるデオドラントクリームを見てみる

 

口コミでも人気のわきがクリームをチェック!

関連ページ

汗の臭いの原因と汗の種類や成分
汗の臭いの原因と汗の種類や成分について検証してみました。
汗の臭いを落とすお風呂の入り方
汗の臭いを落とすお風呂の入り方について調べてみました!
重曹での洗濯が汗の臭いに効く理由
重曹での洗濯が汗の臭いに効く理由についてご紹介します。
洗濯しても取れない服についた汗の臭いを落とす方法
洗濯しても取れない服についた汗の臭いを落とす方法をご紹介します。