キツイ汗の臭いの原因は何?汗の種類や成分を徹底解説!

汗の臭いを気にする女性

 

朝出かける仕度をして、お気に入りの服を着て、今日も一日ハッピーに過ごせたと思っても夕方になるとなんだか汗臭い…ということ、皆さん一度は経験があるのではないでしょうか?

 

サラサラした汗のときもあればベタベタした汗のときもあり、汗の扱いは厄介ですよね。

 

今回はそんな汗について、徹底解説していきます!

 

2つの汗腺から出てくる成分によって汗の臭いは変わる

汗は、エクリン腺とアポクリン腺の2種類の汗腺から分泌されています。

 

 

エクリン腺はほぼ全身に分布していて、分泌される汗の成分の約99%が水のため、サラサラした無臭の汗を分泌しているんですよ。

 

アポクリン腺が分布している場所は、主に

 

  • 外耳道
  • 脇の下
  • 乳輪
  • へそ
  • 外陰部

 

にあり、分泌される汗の成分は水の他に、

 

  • タンパク質
  • 脂質
  • 脂肪酸

 

など、独特な臭いのもとになりやすいものを多く含んでいるため、ベタベタした汗であることが特徴なんです。

 

エクリン腺から分泌される汗は体温調節のために出てくるものに対し、アポクリン腺から分泌される汗は、元来個体の識別やフェロモンを分泌する役割を担っていました。

 

そのため、昔よりもアポクリン腺が退化したと言われている現在でも、臭いの強い汗を分泌しているんですよ。

 

汗の種類を徹底比較

暑いときや運動したときはもちろん汗をかきますが、緊張したときや辛いものを食べたときなど、いろいろなシーンで汗をかきますよね。

 

それぞれ日常生活の中でかくことのある汗を、種類別に解説します。

 

温熱性発汗

気温が暑いときや運動をしたとき、入浴後にかく汗は、温熱性発汗による汗です。

 

人間は体内で常に代謝や細胞活動を行っていますが、体内の機能が最も盛んに働く体温は、脇の下の温度で36.5度〜37度前後のときなんです。

 

しかし体温が42度を超えると、細胞のタンパク質が変わりはじめて、生命の危機になってしまうんですよ。

 

そのため、体温が上がってくると

 

  1. 脳の視床下部が体温を下げるよう全身に指示
  2. その指示が自律神経や交感神経を通って汗腺に伝わる
  3. 汗腺から汗を出して体温を下げる

 

ということが行われます。

 

人間の体には、働いている汗腺である能動汗腺と休んでいる汗腺である休眠汗腺があります。

 

普段からあまり汗をかかない場合は、休眠汗腺が多くなってしまうため、汗をかいても部位により発汗量に偏りが出てしまうんですよ。

 

休眠汗腺が多くならないよう、入浴や運動で汗をかくことが大事ですね。

 

精神性発汗

精神性発汗とは、

 

  • 緊張
  • 興奮
  • 不安
  • ストレス
  • 恐怖
  • 驚き

 

などの精神的刺激を感じるときに出てくる汗のことです。

 

大勢の前でスピーチをするときに出る汗や、就職面接など緊張したときに出る汗などは全て精神性発汗ですね。

 

特に環境が暑いわけでもないのになぜ発汗するのかというと、脳の扁桃体という心の動きを反映する部分が「体内が不快だ」という指示を出し、アドレナリンを分泌させることで発汗につながっていくんですよ。

 

精神性発汗の仕組みを説明すると、

 

  1. 緊張すると心拍数や血圧、血管などが通常とは違う動きをする
  2. 脳の扁桃体がこの体内の変化を異常事態と認識して発汗指示を出す
  3. 副腎皮質からコルチゾールというホルモンが出てアドレナリンが分泌される
  4. アドレナリンが交感神経を刺激することで汗腺に発汗指示が伝わり発汗する

 

こんな感じです。

 

精神性発汗を抑えるためには様々な方法がありますが、不安の原因を取り除き、自律神経を整えて精神的にリラックスさせることがおすすめですね。

 

味覚性発汗

味覚性発汗は、辛いものを食べたり飲んだりしたときに汗をかくことです。

 

私はタイ料理が大好きなのでよく食べますが、いつも汗だくになるため周りの人たちから「なんでそんなに汗をかくの?」と言われるほどです。。

 

辛い物を食べるとホント、汗って出ますよね。

 

この味覚性発汗の仕組みは、

 

  1. 辛いと感じさせる成分であるカプサイシンが痛覚神経を刺激する
  2. アドレナリンが出る
  3. アドレナリンが交感神経を刺激する
  4. 汗腺に発汗指示が伝わり発汗する

 

主に、こういう流れが味覚性発汗の仕組みと考えられています。

 

辛いものを食べてもたくさん汗をかく人とかかない人がいますが、辛いものを食べて汗をかくことは反射反応としても普通のことなので、あまり気にしなくて大丈夫ですよ。

 

疲労性の汗

汗をかいたときにアンモニア臭くなっていたら、それは疲労性の汗です。

 

通常、人間の体は肝臓で分解したアンモニアを、尿として体外へ排出するんですよ。

 

しかし、疲労が蓄積してくると肝臓の働きが弱まるため、肝臓で処理しきれなかったアンモニアを汗に混ぜて排出するようになるんです。

 

結果として、疲れが溜まるとアンモニア臭の強い汗が出るようになってしまうんですよね。

 

もし疲れていないのにアンモニア臭のする汗が出てしまうとしたら、

 

  • 肝臓
  • 腎臓
  • 汗腺機能
  • 腸内環境

 

に問題がある可能性があります。

 

一日の疲労を持ち越さないよう、

 

  • 飲酒
  • 喫煙
  • 食生活
  • ストレス
  • 睡眠不足

 

に心当たりがないかチェックしてみてくださいね!

 

汗の臭いの原因は何?

本来無臭であるはずのエクリン腺から分泌される汗も、時間の経過とともに汗臭くなってしまいます。

 

これは、皮膚に存在している常在菌と関係があるんですよね。

 

人間の皮膚には、分泌した皮脂と水分がバランスよく混ざりあってできた皮脂膜があり、この皮脂膜に様々な種類の皮膚常在菌が存在しています。

 

皮脂や汗は、脂質やタンパク質・アミノ酸などの成分を多く含んでいますが、分泌されたばかりの頃はほぼ無臭です。

 

しかし、時間が経って皮膚常在菌が繁殖し、この常在菌たちが皮脂や汗に含まれる成分を酸化や分解することによって、嫌な臭いの原因となる揮発性成分を発するようになるんですよ。

 

汗の臭いは、汗をかいてから6時間後くらいが最も強くなります。

 

これまでに確認されている皮膚常在菌の種類は、なんと数百種以上にも及んでいるんですよ!

 

汗の臭いの原因は他にもあり、運動不足や食生活も汗の臭いの原因になります。

 

運動不足の場合、新陳代謝が下がってしまいますよね。

 

そうすると、汗をかいたときにアポクリン腺から強い臭いの汗が分泌されてしまい、わきがや汗臭さにつながってしまうんですよ。

 

また、たまにかく汗はアルカリ性が強いのですが、アルカリ性の汗は皮膚常在菌の好物のため、たくさん繁殖して分解してしまいます。

 

さらに、運動不足の人が突然筋肉を使った運動をすると、体内に乳酸やアンモニアといった疲労物質が多く作られるようになり、これらが汗と一緒に排出されるため、汗の臭いの原因になってしまうんですよ。

 

食生活に関しては、肉類をたくさん食べると汗の臭いの原因になるため、注意が必要ですね。

 

肉類に含まれる動物性タンパク質は、腸内で分解された時にアンモニアなどの刺激臭が出やすく、また動物性の脂質が分解されると皮脂腺から酸性臭が出やすいことがわかっています。

 

日頃から運動の習慣をつけるようにし、食事も偏らないように心がけてみてくださいね!

 

汗について知って汗の臭いを予防しよう

一言に「汗」と言っても、種類や出てくるまでのメカニズムは様々です。

 

発汗の種類も四種類あり、私たちの体は快適に過ごすためにこれらを自然と使い分けて発汗しているんですよね。

 

私たちは汗をかいているとき、「今、アポクリン腺から汗が分泌されている」など意識的に感じることはできないです。

 

そのため、汗をかいたらすぐに拭いたりデオドラント製品を使用したり、汗に対して早めに対処することが臭いを強めないことにつながります。

 

汗の臭いの種類や成分を知って、汗と上手にお付き合いしてみてくださいね!

 

>>汗の臭いを強力消臭してくれるクリアネオの体験談口コミを見てみる

 

>>口コミでも人気のわきがクリームベスト3をチェックしてみる

 

 

 

口コミでも人気のわきがクリームをチェック!

関連ページ

汗の臭いを落とすお風呂の入り方
汗の臭いを落とすお風呂の入り方について調べてみました!
重曹での洗濯が汗の臭いに効く理由
重曹での洗濯が汗の臭いに効く理由についてご紹介します。
洗濯しても取れない服についた汗の臭いを落とす方法
洗濯しても取れない服についた汗の臭いを落とす方法をご紹介します。